神奈川県厚木市下荻野の歯医者さん 花上歯科医院の診療科目です。

神奈川県厚木市の歯医者さん 花上歯科医院 花上歯科医院は「非保険医」です。 ご予約・お問い合わせ  046-241-1158
メール予約 メール相談


一般歯科

審美歯科

ホワイトニング

義歯・入れ歯

矯正歯科

インプラント

口腔外科

口腔内科(オーラル・メディシン)

自律神経免疫療法




携帯サイト QRコード
花上歯科医院/携帯サイト

診療科目

一般歯科

無痛治療

自分が患者だったら。。。 無痛治療の基本です
 無痛治療の極意は患者様の気持ちになることです。ごく普通に人気のある歯科医院では、ある意味治療をこなして、患者様をまわしていく感覚でしょうから、本当の意味での無痛治療は難しいのかもしれません。。。

 しかし、花上歯科医院は非保険医です。花上歯科医院に無痛治療を受けに来る患者様のほとんどは口コミによるものです。

 皆さんも!特に痛がりさんや怖がりさん!花上歯科医院の無痛治療を体験してみませんか?

 ここでは、花上歯科医院の無痛麻酔を簡単に紹介します。

痛くない麻酔注射
痛くない麻酔注射
 痛みが予想される治療は、呼吸法やツボ療法などの東洋医学を取り入れ、患者様の精神を安定させることから入ります。始めに歯肉への表面麻酔をおこないます。その後、細い針で痛みを感じにくく、薬液を一定の間隔で注入できる刺激の少ない電動麻酔器を使用します。

虫歯と歯周病について

MI治療と体に安全で優しい治療
虫歯と歯周病について
 MI(Minimum Intervention)とは「最小の侵襲」のこと。
 花上歯科医院の治療はMI治療です。正しい診断と適切な治療計画により、歯質を痛めない(少ない侵襲)治療を行います。歯の将来を考えた「できるだけ削らない、抜かない、痛みの少ない」やさしい治療です。

 歯科材料もすべてが安全で無害なものを使用し、体にやさしく・歯にもやさしい治療を実践しています。
 また、治療で使用するすべての水が、体に無害で高い殺菌力を持つ中性電解水のため衛生的で院内感染対策も万全です。

 虫歯や歯周病は歯科の2大疾患で、どちらも細菌による感染症です。
 右上の図のように、虫歯と歯周病で歯を失ってしまう方はとても多く、将来を考えると大変怖い病気です。しかし、どちらも細菌ですから対策はあります。

 花上歯科医院ならではの特殊な治療で、虫歯とも歯周病とも縁のない健康な口腔環境を手に入れて、いつまでも健康な生活をおおくりください。

虫歯の治療
 初期の虫歯(C0〜C1)は、PMTCやフッ素塗布で歯の再石灰化を促進して、削らずに治す治療をおこなっています。

虫歯の進行
虫歯の進行

歯周病の治療
 花上歯科医院では、中性電解水(EPIOSシステム)を応用した独自の治療方法で、“痛みのない(無痛)優しい”歯周病除菌治療をおこなっています。

 普通の歯周病の治療よりも効果が顕著に見られ、抗生物質などの薬もほとんど使用しません。重度の歯周病の患者様におこなう手術も、この歯周病除菌治療により大半が必要なくなりました。

歯周病の進行

予防歯科

予防歯科
 虫歯と歯周病は、どちらも細菌による病気で歯科の2大疾患です。
 歯を失う原因は打撲などの外傷よりも、これらの病気が原因によることが圧倒的に多いのが現実です。

 花上歯科医院では、患者様がいつまでも健康でいられるよう虫歯や歯周病から歯を守る予防歯科に取り組んでいます。

 虫歯や歯周病は、遺伝や体質(歯質)など患者様によってリスク(病気のなりやすさ)が異なります。
 まずはご自身のリスクを知り、歯科医院やご家庭でのケア(リスクコントロール)をしっかり続けることが必要です。
ステファンカーブ

ブラッシング指導(歯みがき)
 お口の状況に合わせ、予防効果の高いブラッシング指導をしています。
 ご家庭でのケアにお役立て下さい。口臭改善にも効果があります。

歯のクリーニング(PMTC:Professional Mechanical Tooth Cleaning)
歯のクリーニング(PMTC)
 PMTCは歯科医院で専用機器を用いておこなう歯のクリーニングです。

 ご自身でおこなう日頃のケアでは落としきれない歯垢や歯石を除去し、歯面についた着色やタバコのヤニなどをきれいに落とします。
 歯のクリーニング(PMTC)を定期的におこなうことで、予防効果はもちろん、きれいな白い歯を手軽に維持することができます。

フッ素塗布で虫歯予防
 歯の表面のエナメル質は唾液に含まれる成分(ハイドロキシアパタイト)を補給し、再石灰化(再結晶化作用)により常に修復されています。フッ素にはこの再石灰化を促進する働きと、エナメル質の溶出を抑制する働きがあります。

 フッ素を定期的に塗布することで歯質が強化され、虫歯に負けない強い歯を維持することができます。
 フッ素塗布を定期的におこなうことで、予防効果はさらに高まります。

高周波治療器で歯周病治療(歯肉炎・歯周炎・歯槽膿漏)
高周波治療器で歯周病治療(歯肉炎・歯周炎・歯槽膿漏)
 高周波治療器は治療部位に瞬間的に熱を発生させる機器です。接触抵抗として発生した熱を利用するので、ほとんどの場合麻酔の必要がなく、歯周組織(歯周ポケット)のすみずみまで消毒・滅菌することができます。

 細菌が原因の歯周病の治療に高い効果が期待でき、歯周組織の活性化(免疫力の向上)に繋がります。

中性殺菌水を応用した歯周病治療(歯肉炎・歯周炎・歯槽膿漏)
 花上歯科医院では残留塩素濃度補正システム(EPIOS SYSTEM)を導入しています。

 EPIOS SYSTEMにより生成された強力な殺菌水により歯周組織(歯周ポケット)を洗浄・滅菌します。
 歯周炎(歯周病)の方には連続洗浄により歯周組織の活性化(免疫力の向上)を促進します。
 歯肉炎(初期の歯周病)の方も定期的に中性殺菌水で洗浄することにより、ひきしまったピンク色の歯肉(歯ぐき)が甦ります。

エピオスメーカーサイト
エピオスについてもっと知りたい方は
メーカーサイトをご覧下さい。

口臭の予防と改善
口臭の予防と改善
 一言で口臭といっても原因はさまざまです。
 一般的な口臭は、口腔内の細菌が発生させた揮発性硫化化合物が原因による、歯周病など口腔内の環境の問題から起こったものです。

 口臭測定器により口臭を測定して原因を特定し、揮発性硫化化合物が原因の場合は歯のクリーニング(PMTC)や高周波治療器、中性殺菌水による歯周組織の洗浄・殺菌で改善をはかります。

位相差顕微鏡による口腔内細菌検査
 位相差顕微鏡により口腔内の虫歯や歯周病の原因となる細菌の状況を検査します。
 歯周病の治療では、検査のたびに減っていく細菌に感動し、「歯周病を治すぞ!」というモチベーションUPにも有効です。

長持ちする補綴物

長持ちする補綴物
 「歯は体の健康に最も大切な器官の1つですから、神様は歯を身体の中で最も丈夫に作られました。」(と、思っています)

 かぶせた物がとれて、またかぶせて。。。 を繰り返していると、その歯の寿命はとても短くなってしまいます。
 歯内療法(歯の根の治療)が不十分だと歯根の部分が膿んでしまい、かぶせ物をはずして治療することになってしまいます。しかも、「ズキン!ズキン。。。」とものすごい痛みに苦しむことになってしまいます。

 花上歯科医院では、将来に向けて患者様の歯が1本でも多く残るよう、歯の根の治療(歯内療法)を確実に!ていねいにおこない、なるべく長持ちする補綴物を患者様と一緒に考えながら治療をしていきます。

 よく、治療中の患者さんから“この隣の歯は、38年前に先生に治療して貰った歯です”、とか“30年前に・・・”などと言っていただきます。これが保険医でないのに多くの患者さんにきて頂いている根源でしょうか。歯科治療は難しい事が多く慢心してなんかいられません。これからも、もっともっと勉強をして、もっと長持ちする補綴物を考えていきます。

体にやさしい治療(金属アレルギーなど)

体にやさしい治療(金属アレルギーなど)
 “普通の人でも歯は命”これは花上歯科医院のキャッチコピーです。
 歯は、人間の全身の健康に生涯にわたって深い関わりを持っています。治療方法も治療材料も“その人に、優しく、安全なもの”でなくてはなりません。

 花上歯科医院では、過去に治療でおこなった口腔内の“身体に悪そうな金属”のつめ物などを、すべて安全で身体にやさしい物に置き換える治療をおこなっています。
 また、身体にどの位の悪い金属が溜まっているか?を検査し、体外に出す治療(デトックス治療)を併用しながら治療を進めています。

 デトックスやアンチエイジングという言葉をよく耳にしますが、歯科医療こそこの問題を真剣に考え本当に良い治療を目指すべきではないでしょうか?

審美歯科

 審美補綴は、患者様の症状や目的によって治療方法や治療材料が異なります。
 ※かぶせ物をクラウン、詰め物をインレーといいます。

オールセラミックスクラウン・オールセラミックスインレー

オールセラミックスクラウン・オールセラミックスインレー
 自然の歯に近い性質を持ち変色しにくいセラミックス(陶材)を使用した修復物です。
非金属ですから、金属アレルギーや後々の歯茎の黒ずみの心配がなく、周囲の歯になじみ、歯本来の透明感を出すことができます。

ハイブリッドセラミックスクラウン・ハイブリッドセラミックスインレー

 セラミックスとレジン(プラスチック材)を混同した修復材がハイブリッドセラミックスです。
 審美性に優れるセラミックスには自然歯に比べ硬すぎるという欠点があります。レジンはセラミックスに比べ軟らかいのですが、変色や磨耗といった欠点があります。
 これら各材料の利点を保ちながら、欠点が改善された材料がハイブリッドセラミックスです。
 強度と耐久性・審美性を持ち、自然歯に近い歯の硬さも再現することができます。

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン
 金属のフレームの表面にセラミックスを焼き付けたクラウンです。
 強度の高い金属は前歯はもちろん大臼歯や複数歯のブリッジにも応用できます。
 表面に焼き付けたセラミックスで歯本来の自然な透明感を再現します。

ゴールドクラウン・ゴールドインレー

ゴールドクラウン・ゴールドインレー
 金合金による補綴物で、大臼歯など目立たない部位で使用します。
 金は化学変化の起こりにくい非常に安定した金属です。腐食がなく、金属アレルギーの心配のない体にやさしい金属です。しなやかさがあり歯との相性も良く、天然歯に近い最適な硬さが再現できます。

ラミネート

ラミネート
 変色してしまった歯や症状の軽いすきっぱなどの治療に用います。
 歯面を薄く削り、薄いセラミック(陶材)を貼り付けて修復する治療方法です。削る量が少なく通院回数も1〜2回と少ないので、気軽にできる負担の軽い治療です。
 変色がないので、自然歯に近い透明感ときれいな白い歯をいつまでも保つことができます。

ホワイトニング

ホワイトニング
 花上歯科医院では、オランダ発の“Remewhite System”によるホワイトニングシステムを採用しています。日本ではまだ取り扱いの少ない、欧米で大人気!NO1のシェアを誇るホワイトニングシステムです。

Remewhite Systemの特徴
上下前歯12本を1時間と短時間でホワイト二ング
プラズマ・レジン重合によるホワイトニングは歯にも身体にもやさしく安全
どのホワイトニングシステムよりも効果的

Remewhiteメーカーサイト
Remewhite メーカーサイト
日本語サイトではありません。。。

義歯(入れ歯・部分入れ歯)

金属床(総入れ歯・部分入れ歯)

金属床(総入れ歯・部分入れ歯)
 入れ歯のフレームに金属を採用し、強度と薄さを実現した究極の入れ歯です。
 精密な型取りを入念におこない製作するので、今までにないピッタリ感を感じていただけます。

 金属にはコバルトクロムや白金加金、チタンなどがあり、金属アレルギーのも安心して利用できます。
 また、金属のフレームは加工が容易なため、破損時の修復や部分入れ歯の増歯にも対応できます。

 大切に扱うことで長期利用も可能です。
 入れ歯が合わなくて痛かったり、違和感がぬけなくて困っている方に特にお勧めします。

金属床で使用する金属
コバルトクロム合金
 金属床義歯の代名詞ともいえるもっとも一般的な金属です。
 強度としなやかさを併せ持ち、科学的にも安定した物性はジェットエンジンの精密部品にも利用されています。
 生体親和性がやや低く金属アレルギーの方には向かないことがあります。

チタン合金
 生体親和性に優れ、金属アレルギーの心配のない身体にやさしい金属です。
 とても軽量でありながら、強度があり、腐食にも強いので、人工関節やインプラントなどにも利用されています。
 軽くてコンパクトな最高の装着感を持った入れ歯が製作できます。

白金加金合金
 耐腐食性と生体親和性を持ち、加工しやすい金の特性と、強度の高いプラチナの特性をもった合金です。金属アレルギーの心配のない身体にやさしい入れ歯が製作できます。

コンフォート(生体シリコーン義歯)

コンフォート(生体シリコーン義歯)
 硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆った、新しい入れ歯の技術が「コンフォート」です。

 生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力も発揮してくれます。
 「痛い・噛めない・外れやすい」といった、入れ歯の悩みを解消し、歯肉をやさしく守ってくれる入れ歯です。

 部分入れ歯から総義歯まですべての入れ歯に対応できます。

コンフォート(生体シリコーン義歯)サイト
詳しくは、株式会社バイテック・グローバル・
ジャパンのコンフォートの案内をご覧下さい。

Kデンチャー(生体シリコーン義歯)

Kデンチャー研究所が運営する入れ歯の総合サイト

Kデンチャー研究所が運営する
入れ歯の総合サイトです。
ぜひご覧下さい。

 Kデンチャーは、顎骨の骨面を型どり(骨面印象)し、入れ歯の接触面を骨面にあわせて製作した入れ歯です。接触面には密着性を高めるために生体シリコーン加工が施されています。

 通常の入れ歯のように口腔内の粘膜をベースにするのではなく、骨面をベースに咬合力を均等に分散させるという、全く新しい発想の入れ歯です。

Kデンチャー(生体シリコーン義歯)Kデンチャー(生体シリコーン義歯)

ミラクルデンチャー(新世代局部床義歯:部分入れ歯)

 ミラクルデンチャーはミラクルタッチという特殊な固定装置を用いた部分入れ歯です。
 医院での精密な印象(型採り)とミラクルタッチを扱える技術を持った歯科技工所との連携から作られる、歯科医師と歯科技工士の思い入れの詰まった精密な部分入れ歯です。

 無くなった歯(欠損歯)が1歯〜13歯まで対応でき、また残っている歯がある程度グラグラしていても十分対応できます。むしろその動いている歯の動きを止め、保護することで、その歯の寿命を大きく延ばす部分入れ歯です。
 ミラクルデンチャーの魅力は総義歯になることを遅らせてくれることで、最大の特徴でもあります。


歯型より残っている歯は3本です。
このような状況でもミラクルデンチャーならきっとご満足いただけます。

ミラクルデンチャーなら上顎の部分入れ歯は口蓋部分(大きな床の部分)を抜くことができます。食感が伝わりやすく、本来の食べ物の味わいを取り戻すことができます。

金属の固定装置(クラスプ)が表に現れず、気付かれにくい部分入れ歯が製作できます。

入れ歯・義歯に関する相談や最新情報「入れ歯110番」
花上歯科医院はミラクルデンチャーを製作することができるミラクル歯科医院です!

Smile Joy(シリコーン金属床総義歯)

 入れ歯の接触面に生体シリコーン加工を施した金属床義歯です。

 おせんべいやりんごの丸かじりなど何でも噛める総入れ歯で、インプラントで固定する入れ歯にも負けない次世代の入れ歯です。

矯正歯科

 矯正装置によって歯に人工的な力(矯正力)を加え、顎骨に形態変化を起こして歯を動かし、ふぞろいな歯並びや悪い咬み合わせを整える治療が矯正治療です。

 正常な歯並びや咬み合わせは口腔機能に良い影響を与え健康の維持・増進につながることはもちろん、きれいな歯並びが容姿に自信を与え積極的になるなど精神的にも良い影響を与えてくれます。

 矯正治療にはいろいろな方法があります。
 お口の状況や治療を始める年齢によって、患者様にとってもっとも適切な矯正治療をおこないます。

矯正治療の対象となる歯並びや噛み合わせ

矯正治療の対象となる歯並びや噛み合わせ

いろいろな矯正治療

歯列育形成
子どもの矯正:歯列育形成
 3歳前後と低年齢から始める矯正治療で、子どもの成長にあわせて顎と歯列を正しい方向に導いていく矯正治療です。

 歯を抜かない矯正が基本で、永久歯が生える前から顎の形態を整えていきます。また、プレートと呼ばれる取り外し可能な矯正器具を使用するので、一般矯正のような大掛かりな矯正装置を必要とせず、痛みのない矯正が可能です。

歯列育形成研究会
花上歯科医院も参加している歯列育形成研究会。
詳しくは「歯列育形成研究会」のサイトをご覧下さい。

顎態調和法による非抜歯矯正
 日本で研究され臨床実績を重ねてきた、顎態調和法による歯を抜かない(非抜歯)矯正です。

 取り外しのできる可撤式床矯正装置により、歯の土台を広げて(歯槽弓拡張法)歯並びを整える準備をします。その後、個々の歯並びを整えていきます。
 健康優先の患者様主導の矯正・咬合治療で、子どもから大人まで幅広い対応が可能です。


マルチブラケット法
一般歯科矯正:マルチブラケット法
 マルチブラケット法は、歯面にブラケット(器具)を固定してワイヤーで繋いだ矯正装置により、3次元的な矯正力を加え顎骨に形態変化を起こし歯を移動して歯列を整える代表的な矯正法です。

矯正装置には従来からあるメタルブラケットの他に、見た目(審美性)や金属アレルギーを配慮した合成樹脂による透明なブラケットなどがあります。

毎月第2日曜日は矯正歯科専門医による矯正歯科の日

日本矯正歯科学会の認定医制度とは click >> 日本矯正歯科学会
矯正歯科治療の水準の維持・向上を図ることにより、国民に適切な医療を提供するために導入された制度。矯正治療に関して適切かつ充分な学識と経験を有する必要があります。

クリアライナー
目立ちにくい!違和感が少ない!画期的な矯正システム「クリアライナー」

 取り外し式の透明なマウスピースを用いて矯正を行う新しい矯正システムです。一般的な矯正装置(ブラケット)は使用しません。

 軽度の叢生(乱杭歯)、空隙歯列(すきまのある歯列)、矯正治療後の後戻りなどが適応症になります。

ブラキシズム症候群の治療
ブラキシズム症候群の治療
 寝ている時や起きている時を問わず、歯ぎしりや食いしばり、かみ締めなどを無意識にしてしまう、咬み合わせの異常習癖をブラキシズムといいます。

 歯と歯による過剰な接触・過剰な圧力により、歯や歯肉、顎の骨に障害を起こしたり、顎関節症の原因にもなります。慢性的な偏頭痛など様々な不定愁訴との関わりも問題になっています。

 花上歯科医院では、カウンセリング、咬合の不均等を取り除く治療と睡眠時に歯周組織に加わる力を軽減させるマウスピースによる治療をおこなっています。
 質の高い睡眠の獲得と、偏頭痛など様々な不定愁訴の解消に効果があります。

マウスピースの種類  McCoy Guard   NTI−TSS

インプラント

失った歯を人工的に蘇えらせる! 最先端医療インプラント!
 お口の健康と体の健康には密接な関係があります。
 歯を1本失うだけで、咬み合わせが悪くなり身体に悪影響をおよぼすことは、珍しいことではありません。健康のためにも失った歯を補う治療はとても大切なことです。

 インプラントは、天然歯に近い咬み心地が実現でき「第二の永久歯」といわれる歯科最先端医療です。

インプラントとは?

インプラントの構造
 歯を失った部分にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯をかぶせる治療がインプラントです。口腔機能の回復だけでなく、自然な歯並びと自然な咬み心地が蘇えります。

 チタン製のイプラントは生体親和性に優れ骨と強固に結合します。ブリッジのように両側の健康な歯を削る必要がなく、入れ歯と比べてもよく噛める咀嚼機能が再現できます。

インプラント1回法による流れ
インプラント1回法による流れ

MDIミニインプラント義歯の構造

なに!この一体感!ホントに入れ歯なの!

 直径1.8㎜の細いインプラント(チタン製)を歯ぐきの上から埋め込みます。
 インプラントと入れ歯の裏側の特殊な金具をホックのように止めて固定します。入れ歯の着脱がスムーズでしっかり固定することができます。

ミニインプラント義歯の特徴
MDIミニインプラント義歯
1回の来院でインプラントを埋め込みます
歯ぐきを切開する治療がありません
治療後すぐに食事ができます
痛みがほとんどありません
入れ歯がガチッと固定できます
入れ歯の着脱が楽になります
入れ歯がガタつかず不快感がありません
固いものを咬むことができます
軟らかいものを咬み切ることができます
充分咬める効果で、体調が良くなり若々しくなります
入れ歯を気にせずに、会話をしたり、笑ったりできます

口腔外科

 花上歯科医院では、歯根のう胞摘出術や埋伏歯の抜歯などの口腔外科小手術もおこなっています。
 東洋医学的麻酔と最新設備により、術中・術後とも、痛みをほとんど感じることのない無痛口腔外科治療です。

歯根のう胞摘出術

 顎の骨の中の歯根の先端部には、歯根のう胞という袋状の病変が発生することがあります。大きい場合は手術で摘出しなければならなくな ります。手術では、歯肉を切開し、骨に穴を開けて摘出します。
 歯根のう胞摘出術をおこなった歯は、状態によっては抜歯することもあります。

歯根端切除術

歯根端切除術
 歯根のう胞摘出術をおこなった歯の根の先端部分のみを切除することを歯根端切除術といいます。

埋伏歯の抜歯

 親知らず(埋伏智歯)の抜歯から、骨に埋まってしまっている歯(埋伏歯・水平埋伏歯)の抜歯などもおこなっています。
 埋伏歯は、虫歯になりやすかったり、歯肉の炎症(智歯周囲炎)など周囲への影響を踏まえ抜歯の対象となる場合があります。

その他の口腔外科小手術

 小帯切除術・骨隆起切除術

口腔内科学(オーラルメディシン: oral medicine clinic )

 オーラル・メディシンとは、口腔に症状をおよぼす全身性の疾患を診断し、外科的なアプローチをせずに口腔疾患の治療をおこなうものです。

 日本においては新しい分野という印象がありますが、すでに欧米では、口腔外科(oral surgery)とは別にoral medicine clinicが確立されています。
 口腔に生ずるさまざまな疾患の鑑別をする能力と経験が要求されます。また、関連医科や検査施設との密接な連携の上での診療システムが必要となります。

 花上歯科医院にはオーラル・メディシン専門医(非常勤)がおり、最新の医療診断器で科学的検査のもと診断をおこなっています。

オーラル・メディシンの診療対象
口腔粘膜疾患(ウィルスや細菌による感染性疾患、栄養障害、遺伝性疾患、
消化器疾患、腫瘍などにより口の粘膜に起った病気)
唾液腺の病気
顎の骨・顎関節に起った病気
全身疾患による歯や歯周組織の病気
神経性疾患(口やその周りの疼痛・麻痺)
口やその周りに関わる精神疾患

自律神経免疫療法

自律神経免疫療法
 歯周病や口内炎など歯肉の病気は免疫力の低下が原因です。
 お口の病気だけでなく、他の多くの病気も免疫力の低下が原因となっています。

 自律神経免疫療法は、「福田-安保理論」をもとに、自律神経のバランスを整え、私たちが普通に持っている免疫力を高めることによって、病気の予防や治療をおこなう方法です。


免疫力の低下や免疫力の異常と関係する病気
歯周病(歯肉炎・歯周炎・歯槽膿漏)、口内炎など
ガン、アトピー性皮膚炎、腫瘍、糖尿病、喘息、花粉症、アレルギー症
心臓病、心筋梗塞、腎臓病など

免疫とは?

 私たちの体は病気から身を守る術を免疫力として持っています。
 この免疫の役割を担っているのが、私たちの体を流れている血液中の白血球です。
 白血球には、顆粒球・リンパ球・マクロファージと3種類の免疫細胞があり、役割がそれぞれ異なります。

免疫細胞の役割
顆粒球
サイズが大きい細菌などに対応
リンパ球
サイズの小さいウイルスやガン細胞などに対応
マクロファージ
ウィルスや細胞などの死骸や
顆粒球やリンパ球の死骸を処理

自律神経とは?

 免疫力が正常に機能するためには、顆粒球やリンパ球など白血球の適正な割合が重要になってきますが、これには自律神経のバランスが関わってきます。
 ※「福田-安保理論」自律神経と免疫が連動していることを解明。自律神経免疫療法の基礎となる。

 自律神経とは、血管や心臓などの内臓器官をコントロールする神経です。

 交感神経と副交感神経からなり、交感神経は日頃の活動時に必要なエネルギーを発生させ供給するために機能します。対して、副交感神経は睡眠時や食事中に働き、次の活動に備えて回復と省エネルギーのために機能します。

 この2種類の交換神経は、動物が生き抜くために発達してきたもので、意思によって制御することができません。一方がその働きを促進すれば他方は抑制するというように拮抗支配のもとに成り立っています。

自律神経のバランスと病気の関係

 しかし、現代社会には様々なストレスがあります。
 仕事など過度の社会活動から交感神経優位な状態が続いてしまうと、白血球の顆粒球が増えた状態が続になってしまいます。

 これは、活性酸素の増加に繋がり、動脈硬化やガンなど病気の原因となってしまいます。
 反対に副交感神経が優位な状態が続くとリンパ球が増え顆粒球が減ることから免疫過敏になり、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の原因となったり、無気力状態になりうつ病を発症することもあります。

自律神経のバランスを正常にする「自律神経免疫療法」

 崩れた自律神経のバランスを正常に戻す治療が自律神経免疫療法です。

 現代病ともいえるストレスの程度を、白血球中の顆粒球とリンパ球の状況より調べ治療方針を決めます。
 多くの場合、交感神経が優位な状態ですから、副交感神経を刺激して交感神経の緊張を抑制する治療になります。これにより、自律神経のバランスが適切になり様々な症状が改善されます。

花上歯科医院の自律神経免疫療法について
歯科治療を主体に、歯科治療との併用という形でおこないます。
歯科の疾患の全身との関わりは深く、全身的難病の多くは歯科疾患の問題により、免疫力が低下して起こっており、歯科治療との併用で改善することが多々あります。

治療の流れ
治療の流れ